女の人

組織改革をサポートしてくれるコンサルタント会社

社員の無事を確認出来る

複数のPC

震度7の大地震は日本全国で発生する可能性があります。首都直下型の大地震が発生すると、建物は崩壊して道路は歩くこともできない状態になります。さらに、津波や土砂崩れ、火事などの二次災害も発生するために、多くの人が行方不明になったり命を落としたりします。このような災害に備えて、企業は安否確認システムを導入しないといけません。

最近では東北や九州で大地震が発生しましたので、多くの企業が安否確認システムの導入を検討しています。このシステムを導入すると、全社員の安全を確認することができます。災害が発生すると同時に全ての社員に自動で送信されます。そのため、素早く連絡が取れるでしょう。また、連絡がすぐに取れない状況でも、安否を確認することが可能です。

安否確認システムでは、グールプ登録をすることができます。対象者を絞り込んだり、営業拠点が多いエリアに設定したりすることもできます。部署ごとやチームごとにグループ設定をすることができます。そのため、管理者が行なう作業を代行してくれるでしょう。管理者が、常にインターネットが利用できる状況とは限りませんので、どんな状況でもいち早く情報を入手することが出来るシステムです。また、安否確認システムでは、データの確認がスマートフォンでできます。リアルタイムで集計したデータを更新するために、社員と連絡を取ることもできますし、今後の指示を出すことも出来るでしょう。災害が発生しても、迅速な対応で社員の安否を確認して、事業を立て直すことが出来るシステムです。